まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

もう一歩先を想像してみては? 05/13

昨日、久々に外出して落語会へ。
私の席は列の真ん中近く、近くの端までは5〜6席あるところ。
休憩時、後ろからこんな会話が聞こえてきた。(後ろは男性2名組)

「やばいよ、電話がかかってきそう」
「出なきゃいけないのか?」
「厄介な人でさぁ、出ないと後から文句云われるんだよ。
 あーあ、(電話に)出たら(会場から)出ないとダメだろ。
 そうしてら(会場に)入れなくなるし……」

結局、電話はかかってこなかったらしく(あるいは無視したか)その男性は途中で席を立つことはなく、最後まで席についていた。

で、この会話を聞いた私が思ったのは『もし、どうしても電話に出なきゃいけないとしたら、理由を話して端の席の人と変わってもらっては?』ということ。
席を変わってもらえるかどうかは別にして、もし自分がその男性の立場ならそうしただろう。

当人もだが、その男性が席を立つことで、連れ、端までの数名、さらに前後の列に座っている人も落ち着いて噺を楽しむことができないとは想像しなかったのだろうか。

せっかく噺家さんが「『他の人にうつさない』という他の人への配慮からみんながマスクするのは素晴らしい」というマクラをふったのになぁ……

もう、おたまじゃくしが…… 04/30

昨日と打って変わって良い天気の今日。
近所のバラがそろそろかっと出掛けた先の公園で、先生に引率された幼児たちがなにやら騒いでいた。
こっそり聞き耳を立てていたら「おたまじゃくしは見ても良いけど、落ちないように」
なるほど、もうそんな時期かと幼児たちがいなくなった後にのぞきこんだらこんな感じ。

ただ、この水路。
夏は噴水から水が流れるけど今はまだ流れておらず、昨日の雨が溜まった状態。
まあ、明日からまた雨らしいので大丈夫かとは思うが、この公園でカエルを見たことは……ないなぁ。

f:id:kosigan:20210430101159j:plain

あっ、バラはこんな感じでした。
残りは写真サイトでご覧ください。

f:id:kosigan:20210430104755j:plain
f:id:kosigan:20210430132810j:plain

 

藤 04/24

すっかり藤の季節ですね。
近所の公園には砂場の上に藤棚があり、毎年楽しみにしています。
今年もご覧のように満開状態。
ただちょっと、一時に比べて房は小さい感じ。

藤の季語、てっきり初夏かなっと思ったら『晩春』なんだそうです。
まっ、微妙な時期ではありますよね。

f:id:kosigan:20210424165106j:plain
f:id:kosigan:20210424165128j:plain
f:id:kosigan:20210424165118j:plain