まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

今日の景色 02/12 梅

ご近所を歩いていたら、立派な門の間から見えたのでパチリ。
白梅の多いこのあたりでは珍しい立派な紅梅です。

f:id:kosigan:20180212093101j:plain

今日のニャンコ 02/11

久しぶりにこの子たちに会いました。
本当はもう一匹、甘え上手な子もいたのですが、その子は散歩中のお兄さんに絡んでて……(笑)

まずは塀の上でじっとこちらを見ていた子。
この子はこの家の子……だったはず。

f:id:kosigan:20180211152420j:plain

続いて姿を見せたのはこの子。
最初、塀の上の子が降りてきたのかと思いましたが、この子には口ひげがあって。
でも、体格や毛並みがよく似ているので兄弟かな?

f:id:kosigan:20180211152722j:plain

この口ひげの子が挨拶していたのがこの子。
油断ない目つきのこの子、こうして座っているとわかりづらいですが、実にガッチリムッチリな体形なんです。

f:id:kosigan:20180211152809j:plain

さて、早咲きの梅はいま四分咲きといったところでしょうか。

f:id:kosigan:20180211153635j:plain



これが『セルフレジ』だって?!

近所の東急ストアに行ったら、レジが『セルフレジ』になっていた。
ただ、問題は「これを『セルフレジ』っていうわけ?!」ってこと。

一昨年、ロンドンのB&Bで2週間生活していたとき、よく夕食や水を買いに近所のスーパーに行っていた。
そのスーパーはセルフレジが6台、酒やタバコ、それにどうしても店員が対応する人用に有人のレジ2台あった。
ルフレジの使い方は、

  1. 客はカゴをセルフレジに置き、
  2. 自分でバーコードをスキャン、
  3. 会計結果が出るので現金かクレジットカードで会計し、
  4. 買ったものは持ってきた買い物袋に入れて、おしまい。

まさに『セルフレジ』だ。

ところが、東急ストアの『セルフレジ』というと……こんな感じ。

f:id:kosigan:20180209200504j:plain

  1. 客はカゴを店員のいるレジに置き、
  2. 店員でバーコードをスキャン、
  3. 会計結果が出たら、カゴを持ってセルフレジ前に移動し、
  4. ルフレジに金額が出るので現金かクレジットカードで会計、
  5. 買ったものはレジ袋か持ってきた買い物袋に入れて、おしまい。

つい最近レジが変わったのか、店員は客に「会計は現金かクレジットカードが使えます。セルフレジでお支払いください」といちいち説明。

『セルフレジ』と書かれていたのでイギリスの時と同じようにカゴを持っていったら、隣に立っていた店員に「こちらはスキャン後の会計用です」って注意されてしまった(苦笑)

でもねぇ、上に書いた手順のようにこのやり方はどう考えても非効率。
お年寄りや慣れない人用に従来通りの有人レジを数台残し、後は『本当の』セルフレジにしたほうが効率的だし、便利だと思うんだけど。
どうしてこんな中途半端な形にしたんだろう?