読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

今日のニャンコ 08/26

耳が片方カットされているので地域猫のよう。
細いし、小さいのでたぶん今年春生まれじゃないかな。

f:id:kosigan:20160826103020j:plain

極上爆音上映、最高!!

映画

私は同じ映画を映画館で二度以上鑑賞することは、ほぼない。
今まで、近隣で上映されていたら必ず映画館で見るのは『2001年宇宙の旅』だけだ。

さて、『シン・ゴジラ』は封切り直後、地元のシネコンで観賞し、今日、この台風の中、立川シネマシティ a studioで観賞してきた。

なぜ、地元から1時間以上かかる立川まで見に行ったのか。

地元のシネコンはこれまでにもちょくちょく利用していて、今まで違和感を感じることもなかったが、『シン・ゴジラ』に関して、とにかく『映像から期待する効果音や曲と、実際に聞こえる音のイメージがまるっきり違った』のだ。

つまり、ゴジラの咆哮、爆撃、戦車のキャタピラ音、各テーマ曲など、ここはもっと迫力ある、ズシンと腹に響く音が聞きたいところなのに、音声に対して効果音や曲が弱くてスカスカ。
これではせっかくの映画が魅力半減。

というわけで、以前から話題になっている『極上爆音上映』を体験した結果は……『極上爆音上映』最高!!

音が単に大きいというのではない。
音声とのバランスが良く、ここぞっという音は体に響くように力強く、デモ隊の音声もちゃんと遠くから聞こえるようになっている。

これぞ、テレビでは味わえない、映画館の音だ。

極上爆音上映、癖になりそう。