まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

年賀状、52円対応は注釈付き

今年6月1日から郵便はがきが52円から62円に上がる。

それ自体は知っていたけど、正直はがきなんて使ったのは何年前やら……。
と思っていたら忘れてた、年賀状を。

数十枚だが毎年自分で撮った写真を印刷して出していたのだ。

うーん、ここがやめ時か。

ところが、今日郵便ポストに入っていた郵便局からの案内によれば、
『年賀はがきの料金は52円から変更いたしません』

まあ、はがきの利用はメールに押されぎみ。
ここで年賀はがきまであげたら、私みたいにやめる人も出てくるだろう。
現実的に考えれば、いくら一番の稼ぎ頭とはいえ、値上げて得られる儲けより利用者の減少で目減りを避けるほうが正解だろう。

あーあ、やめようかな、どうしようかな……。

ところが、案内の下、小さな文字でこう書いてあった。

年賀はがきの料金(52円)が適用されるのは、12月15日から翌年1月7日の間に差し出される次のものに限ります。

 ●日本郵便が発行する年賀はがき
 ●通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの

市販の年賀はがきには普通「年賀」の文字が入っているし、私製はがきであってもおそらく「年賀」を朱記すればよい。
また、正月三が日内に届くように投函すれば問題ない。

そうなると、年明け8日以降に……とはいっても、そうなったら年賀状より寒中見舞いになるし。

ああ、面倒くさっ!!

広告を非表示にする