読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

海外送金に必要な情報

最近はクレジットカードで支払うことが多いけど、たまたま今回は相手先(ヨーロッパ)の銀行に振り込まなきゃいけなくなった。

幸い、先方からは請求書をもらっているので、振込先の情報は分かっている。
ただ『外国送金依頼書』をどう書いていいやら……。
まあ、銀行の係員が教えてくれたので、記録しておく。

送金に必要な情報

  • 相手先の口座名義……正式会社名が必要
  • 相手先住所
  • 振込先の国名
  • 振込先銀行名
  • 振込先銀行の支店名
  • 口座番号またはIBAN
  • 振込先銀行支店の住所……日本で云えば、国名、県名、市町村名くらいまででOK
  • 振込先銀行コード……これ重要!!

相手先からもらった情報がこうだったとすると……

Bankers' Account:
Account No 1234 5678 9012 BIC/SWIFT code ABCDEFG IBAN XX12 YYYY 3456 7890 1234 1234 5678 9012
ABC Bank Ltd, XYZ Str., MMM

 

外国送金依頼書項目には……

口座番号:Account No (IBANが分かる時はIBANで)
振込先銀行コード:ABCDEFG
IBAN:XX12 YYYY 3456 7890 1234 (下数桁は口座番号と同じ)
振込先銀行名:ABC
支店名:XYZ Str(この場合は『XYZ通り支店』かな)
支店住所:MMM(ここは県名、市町村名って感じ)

 

場合によっては相手先が『中継銀行』を指定してくる場合もあるので、このときは『中継銀行』の『銀行名・銀行コード・口座番号』も必要。

海外送金は振込手数料のほかに、中継銀行の手数料分として5〜10ドルくらい上乗せする。
但し、この手数料は銀行によって異なるらしく、明確な金額は不明。
また、大目に送金しても、余剰分を相手が返金してくれるかは当人同士で要交渉……らしい。 
いくら上乗せするかが思案どころだな。

広告を非表示にする