読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっ、そんな感じ

見聞きしたことを徒然と書いてます。

退職へのカウントダウン、スタート

徒然

8月、上司との面接で退職を切り出し、上司や部長との面談を数回済ませ、11月に入ってから正式な退職届を申請。
そして今日、課内のメンバーに退職することを話し……、これでやっと退職が公になった。

マニュアルは全部作成したのに、一番心配していた仕事の引き継ぎ先がまだ決まってない。
確かに『契約関係のセンスがあって、Excel、Wordに加えてAccessも多少できる人を』とは云ったが、3ヶ月もあったのに候補がいない─あるいは探してない?─なんて。

その上、長年会社上層部に提出していた集計報告は碌々見られいないことが判明。
まあ、予想通りだったけど。
今後も続けるかどうかはこれから検討するって(ため息)

こういういい加減かつ無計画なやり方にうんざりしたから辞めるんだけど、あの上司はこの先どういうことになるか、たぶん予想できてないだろうな。
残ってる同僚には悪いが、泥舟からは下船させていただく。

広告を非表示にする